【確認】はじめてのフィットネスジム入会前に必要なもの

どうも、イカスケです。

フィットネスジムに初めて入会を希望している人の場合、契約の際にどのようなものが必要になるのかわからない方が多いと思います。今日はその際必要となるものについて説明します。


フィットネスジム入会前までに必要なもの

入会時に必要な3点

フィットネスジムの入会にあったり、準備するものが3点要ります。

  1. 身分証明書
  2. クレジットカード・キャッシュカード
  3. 初期費用

この3点が必要となります。

身分証明証

1つ目は、身分証明証です。

身分証明証と聞くと運転免許証のイメージがありますが、そのイメージで大丈夫です。
厳密に説明すると、顔写真付き・住所の記載があるものです。

そのため、保険証などのものでは、顔写真等がないため身分を証明できない可能性があります。

また、免許証の住所変更をし忘れている方などは契約書に記載する住所と異なる場合は、住所変更したものの提出を求めらることがあるため、ご注意ください。

クレジットカード・キャッシュカード

2つ目は、クレジットカード・キャッシュカードです。

こちらはフィットネスジムの入会希望の方のお支払い方法によって、変わります。
お支払いの代表的な例として、

現金支払い(1か月支払い・在籍縛り期間分支払い・半年支払い)

口座振替(1ヶ月支払い)→キャッシュカード必要

クレジット支払い(1か月支払い)→クレジットカード必要

の3種類があります。
個人的には、クレジット支払いがおすすめです。
ポイントが貯まるなどのメリットがあるからお得にフィットネスジムご利用できます。

ただし、クレジットカードの種類によっては使用できないカードもあるので、スタッフの方に確認が必要になるケースがあります。

初期費用

フィットネスジムに入会するにあたり、フィットネスジムごとに支払う金額が異なります。

  • 入会金(フィットネスジムの入会する際にかかる費用)
  • 事務手数料(入会の際の手続きでかかる費用)
  • 初月会費(最初の月のお金)
  • 登録キー代金(入退室を管理するキーの発行代金)

が基本的にお金がかかります。

フィットネスジムによっては、キャンペーン等で上記の費用が無料・一部無料となることがあります。その時が入会のチャンスです。

また、個別料金として有料ロッカーの使用を検討されている方は有料ロッカー費・有料の水素水をご利用したい方など、フィットネスジムごとに異なるサービスの違いがあるので、フィットネスジムの特徴についても頭に入れて、料金の計算をしておくべきです。

入会について

入会方法は、店舗での入会登録・ネットでの入会登録・電話での入会登録などを受け付けているフィットネスジムが多いです。

おすすめの流れとしては、
フィットネスジムの見学をする→ネットで申し込む→店舗に代金を支払う
この流れがいいです。

フィットネスジムのキャンペーン内容について知らずに登録すると他のフィットネスジムよりも高く値段が付くことがあります。そのため、見学するなどの際にスタッフからお話を聞いてください。

ネットで申し込むことによって、契約書への記入を先に済ませることができ、店舗に行く際に簡単に手続きできる・時間がかからないなどのメリットがあります。

まとめ

フィットネスジムに入会するときには、身分証明証・クレジットカード・キャッシュカード・初期費用の準備ができれば入会できます。

しかし、フィットネスジムによっては使用できるもの使用できないものなどがあります。
そのことを確認した上で入会手続きを行ったほうがスムーズにご利用できると思います。

元24時間フィットネスジムスタッフとして、入会不備となるとお客様のテンポが遅くなり、モチベーションが下がる方がいるのでそうならないようにこちらのブログをお読みください。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です