【身につけたい】瞑想のメリットとは

どうも、イカスケです。

日々の生活の中でストレスを感じる場面に求められ能力としては、リセットする能力を求めらます。

瞑想」は、その1つの手段であり、生活の中で取り入れることによって、生活の質を高めることができます。

では、瞑想についての紹介をしていきます。


瞑想のメリットとは

瞑想とは

瞑想とは、姿勢を正し、呼吸を整え、目をつむり集中することです。継続的にすることによって、日々のパフォーマンスを向上させることができます。

心を空っぽにする中で、自分と向き合うことができ、現在の自分を知ることができます。
スピリチュアルに思われがちなのですが、スティーブ・ジョブズなどの多くの著名人も習慣的に行っていることから、試してみて自分自身で実感してもらうことがおススメです。

ここからは私の実体験をもとに瞑想のメリットを紹介します。

瞑想のメリット

瞑想のメリットとしては、以下の内容があります。

  • 何が起きても動じない
  • 元気になる
  • やる気・集中力が高まり潜在能力が高くなる

何が起きても動じない

瞑想を通して、自分自身を客観的に見る力が身に付きました。

瞑想を行う時に向き合う存在としては、自分しかいない。
その時大切なことは無心であること。この状態は日常生活の中でない状態であり、日常の中での自分自身は常に主観として自分はこのような存在であると考えてします。

しかし、無心の状態で行う瞑想の時では、自分自身を第三者の感覚で見ることができ、客観的に評価できます。継続することによってこの客観的に捉える感覚は日常生活においてもパフォーマンスを発揮できます。

なので、相手に怒らるなどの心の動揺が生じやすい場面においても、客観的になぜ相手は怒っているのか俯瞰できます。相手の怒りの原因を理解することで、相手の意図がわかり気持ちとして動揺することがなくなります。

客観的視野を持つことが社会人として、動揺しないコツかもしれないですね。

元気になる

元気になるという言葉では曖昧なのですが、簡単に説明するとポジティブ思考になります。

瞑想を行うことを通じて、新しい自分との出会いがあります。私の場合、努力することが苦手だと思っていたのですが、自分自身コツコツ物事を行う時はいつもワクワクできる人間であることに気付けました。

そのように自分自身を知るきっかけとして、瞑想はおすすめです。生活の中でそのような自分を実現することによって、充実感を感じられ、元気になることが私はできました。

また、瞑想をすることによって交感神経の活動を抑え、副交感神経を活発化させるなど自律神経を整えることができ、ストレスをリセットできる体を作ることができます。

そのことからも、元気になれると思います。

やる気・集中力が高まり潜在能力が高くなる

瞑想をすることによって、五感を鎮めることができます。

現代人の多くは、インターネットなどの情報媒体を視覚・聴覚などを使い、情報収集しています。
そのため、視覚・聴覚が過敏に反応しやすい体となっています。

そのことから分かるように、何かの動作を見ることや多少の音にも反応してしまうため、集中したいとき上手く集中できなくなっています。

そのような体から脱するためには、定期的に五感を鎮め、それぞれで情報を感知できる体に調整する機会が必要となります。五感を鎮められる瞑想は有効的な手段であると思います。

私も瞑想を通じて、目から情報を多く得ていることに気付きました。瞑想を継続的に五感の調整をすることができ、瞑想前よりも何事に動じずより集中することができるようになりました。

そのような集中力を高めることでき、日常生活や仕事の場面でより高いパフォーマンスで行動できるようになります。

まとめ

瞑想を通じて、何が起きても動じない、元気になる、やる気・集中力が高まり潜在能力が高くなるの3点がメリットとして挙げました。

この他にも、自分を知ることを通じて何か意味を見出せるのが「瞑想」の魅力です。
瞑想を行う中で大切なのが、明確な目的を持って瞑想をすることが重要です。

無心になるのですが、行動原理としてなぜこの行動をするのかを常に考えてすることで高い効果を得られます。
常にその目的を忘れずに取り組むことをおすすめします。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です