筋トレ好きの酒の肴とは?おすすめ高たんぱく質のおつまみ!

どうも、イカスケです。

筋トレを生活の軸においている方は、飲み会の際も筋肉のために摂取する食品にも注意をする必要があります。

より筋肉をつけるために、お酒の場でも意識を高めていこう。

おすすめ高たんぱくの食品も含めて紹介します。
トレーニーにおすすめの記事です。

トレーニーの酒の肴とは?おすすめ高たんぱく質のおつまみ!

なぜおつまみにこだわるのか

1つ目の理由としては、飲酒をすることによってホルモンの一つ「テストステロン」分泌量が減少します。

テストステロンは、摂取したたんぱく質を合成させ筋肉を作るという働きを持っています。
筋トレの刺激によって分泌されるのですが、アルコール摂取によりこのテストステロンの分泌量が減少するとされているのです。

そのため、飲酒によって筋肉の合成が促進されないため、筋肉がつきづらくなります

2つ目の理由としては、アルコール摂取によって分泌される「コルチゾール」というホルモンの分泌量が増えることです。

コルチゾールは、血糖値をコントロールする働きがあります。
このコルチゾールには、エネルギー源である糖を生み出すために、筋肉を分解しエネルギー減を生み出そうとします。

筋肉の分解を促進させてしまう作用があり、
筋肉の分解は筋肉量の低下に繋がり、カラダづくりにとって悪影響を及ぼすのです。

飲酒によるコルチゾール分泌量増加はトレーニーには害が多いです。

3つ目の理由としては、アルコールを摂取している時は食欲が高まります。

お酒に合う料理の多くは糖質や脂質が多く、塩分なども多く含まれているものが多いです。

料理を一切食べずに飲み続けるという人は良いかもしれませんが、そうではない人は体脂肪が蓄積されていってしまいます。

特にアルコールには肝臓に脂肪を蓄積しやすくする作用もあります。
なので、飲酒の際は糖質や脂質が多い食べ物を摂取すると肝脂肪の蓄積に繋がり、病気などになることがあるので注意です。

この3つの理由を含めて、なるべく筋肉を分解しないためにも高タンパク質の食べ物を摂取することを心がけましょう。

アルコール代謝を行う肝臓のためにもたんぱく質を十分とりましょう。
肝機能のサポートをし、飲酒も楽しめるトレーニーになりましょう。

おすすめ高たんぱくおつまみ

おすすめの高タンパク質おつまみとしては

  • 焼き鳥
  • 練り物
  • お刺身
  • チーズ
  • 枝豆
  • 大豆加工食品

焼き鳥

焼き鳥は、どの部位にも関しても高タンパク質な食べ物です。
焼くことによって油も落とせて、ヘルシーに食べることができます。

しかし、鳥皮・手羽先・ぼんじりなどの部位はもとの部位として高脂質なのでできる限り摂取することを気をつけましょう。

練り物

笹かまぼこやちくわなどの練り物は高タンパク質で低脂質のものが多くあり、トレーニーにおすすめです。

もとの成分としては、魚の栄養素を多く含むものがあり、そのため高タンパク質な食品です。
糖質も低くて非常におすすめです。

お刺身

魚自体が高タンパク質で低脂質であるため、刺身は非常に栄養価が高いです。

特に生で魚を食べることから魚の油であるオメガ3脂肪酸を摂取できます。
オメガ3脂肪酸は常温で固まりにくいのが特徴としてあります。

そのため、中性脂肪を減少させ、血管を強くする働きがあるため健康に非常に良いので摂取したい栄養です。

チーズ

チーズも高タンパク質なおつまみです。
適度な糖質があり、間食の際には体のバランスを取れる食べ物です。

ただ、脂質が多く含まれていることから、過剰摂取は体に悪いので注意が要ります。

枝豆

大豆と同様に枝豆も植物性たんぱく質が豊富です。
植物性たんぱく質は、動物性たんぱく質に比べ、胃腸などの調子が悪くなることがありません。
身体に害が少ないたんぱく質です。

血糖値上昇がしづらい低GIなので、腹持ちも良い食品なので積極的に摂取しましょう。

大豆加工食品

大豆は植物性たんぱく質が豊富です。

加工食品としては、豆腐・厚揚げ・がんもどきなどがあります。
どの食品も高タンパク質な食材なので、手軽に食べられる食品なので食べましょう。

まとめ

飲酒をすることによって、ホルモンの一つ「テストステロン」分泌量が減少・「コルチゾール」というホルモンの分泌量が増えること・アルコールを摂取している時は食欲が高まる

この3つの理由があるため、高タンパク質なおつまみを摂取しましょう。

おすすめの高タンパク質おつまみとしては

  • 焼き鳥
  • 練り物
  • お刺身
  • チーズ
  • 枝豆
  • 大豆加工食品

この6つの高タンパク質を居酒屋等のメニューにもあるので飲み会の時は、参考に見て参加して下さい。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です