在宅勤務を乗り切るためのコツとは?具体的な対処法含めて紹介します。

どうも、イカスケです。

コロナウイルスの影響で在宅勤務を強いられる人が多い状況となっています。

そこで、在宅勤務で効率よく働けるための工夫について紹介していきます。
自分の友人等から聞いた話をもとに具体的な改善について紹介します。

職場よりも高いパフォーマンスを発揮しましょう。

在宅勤務を乗り切るためのコツとは

在宅勤務によって起きる効率を下げる原因

在宅勤務によって日ごろの通勤ラッシュを回避でき、ストレスがなく仕事に取り組めるイメージなのですが、在宅勤務によって効率が下がることがあります。

  • 自宅での仕事のため気が緩む
  • だらだら残業をしてしまう
  • 子供がいることで集中できない
  • 職場内での意思疎通の機会が失われた

この4つ主として仕事効率を下げてしまいます。
理由とともに、対策についても紹介します。

自宅での仕事のため気が緩む

自宅での仕事のため、私生活の状態と仕事の状態の切り替えが上手くできません。
オンとオフをしっかりできるような工夫が必要となります。

工夫としては、

  1. 普段の仕事着で取り組む
  2. 机の状態を仕事場の状態にする

まず、普段の仕事着で仕事に取り組むことでいつもの仕事においての緊張感を感じることができます。
服装を変えるだけでも、意識は切り替わりやすいです。

机の状態をオフィスのデスクと同じ配置にカスタマイズすることで普段通りの流れで進めることができ、自宅とオフィスにおいての違いをあまり出さないようにでき、自宅でも気を緩めずに仕事に取り掛かれます。

だらだら残業をしてしまう

自宅にいることによっていつものリズムとして通勤時間がありません。
そのため、知らない間に時間のリズムを崩してしまいます。

時間のリズムの狂いから時間の経過の速さなどの体感が鈍るなど悪影響が出やすく、業務時間が延びることもあります。

時間の狂いを治すためには、2つのことを心がけることが大切です。

  1. 職場と同じスケジュールで仕事する
  2. 定時になったら、上司からひと言いただくようにする

職場と同じスケジュールで仕事をこなすことを心がけましょう。
自宅という不慣れな職場関係では、同僚もおらず一人で仕事を行う機会があるため、自分自身で管理することが大切です。

いつも仕事の流れを形成できるのは、仕事のスケジュールです。
子供などの面倒で自宅においてスケジュール通りにできないこともありますが、時間のリズムを調整するには有効的な方法です。

2番目の方法としては、定時になったら上司にひと言いただくようにする。
上司から定時になった時に、一言もらうことでだらだら残業をしなくなります。

残業をする中でも、自らの意志ではだらだら行ってしまうことがあります。
その状態にならないように、残業に対して早く終わらせるために、上司からひと言いただきます。

残業に対しての意識が改善され、自宅でもメリハリをつけて仕事ができます。

子供がいることで仕事に集中できない

自宅とオフィスの環境としての違いとしては、子供がいることが一番違うかもしれません。

子供がそばにいると仕事に集中できなくて、いつもの業務よりも効率を落としてしまいます。

もしその立場になった場合は上司の理解も必要となります。
対策としては、2つあります。

  1. お昼寝などの隙間時間に作業効率をあげる
  2. 重視に対しても配慮してもらう

子供の相手を続けしまうことは良いことなのですが、やはり仕事には効率が大切になります。

子供を遊びに夢中にさせることやお昼寝をさせる時間を設けるなどの工夫を行いましょう。
その時間に集中できるように仕事の手順を子供の世話をする中で行えたら、より効率よく行えるので意識としては大切です。

また、子供のお昼寝の時間に集中的に業務を行うなど、時間帯によっての作業量を理解してもらうことも大切です。

そうすることで、子供がいる中でも最大の効率を出すことがしやすいです。

職場の意思疎通の機会が失われた

在宅勤務の中では、確認したい事項も部署を訪れて確認するなど迅速な対応ができないことがあります。

その時大切なこととしては

  1. 仕事以外の雑談などのチャットも積極的に行う
  2. テレビ会議ツールも使用する

仕事以外でも積極的にチャットで雑談をすることで、個人的な仕事環境での相談も行えるきっかけとなり、自宅においても業務を行いやすい環境整備ができます。

テレビ会議ツールが多く使われる場面がありますが、電話などの通常業務で使うツールを主軸に業務を行うことも大切です。

いつもの業務での意思疎通もしっかり行えているため、テレビ会議ツールよりも意思疎通がしやすく、ツールとしては積極的に使っていくべきです。

まとめ

在宅勤務を乗り切るためのコツとは

  • 自宅での仕事のため気が緩む
  • だらだら残業をしてしまう
  • 子供がいることで集中できない
  • 職場内での意思疎通の機会が失われた

この4つの点にフォーカスした改善をすることによって改善されやすいです。

やはり慣れない環境の中での業務のため、効率は落ちる可能性がありますがそこでも効率を落とさずに工夫することが大切です。

コロナで大変な中ですが、一番業務をやりやすい環境作りをしていきましょう。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です