米ゴールドジム倒産についてどうなるのか!?

どうも、イカスケです。

2020年5月4日(月)にフィットネスジムとして有名な米ゴールドジムがコロナ倒産しました。

全世界のトレーニーに愛されている米ゴールドジムが倒産となり、これからどのような影響がでるのか想像するだけで恐ろしいです。

米ゴールドジムの倒産について、内容を含めて紹介していきます。

米ゴールドジム倒産についてどうなるのか!?

米ゴールドジムの経営破綻したのか

GOLD’S GYMを含む世界に約700店舗のジムを運営するアメリカのGGIホールディングスが再建型の倒産法制である「米連邦破産法11条」が適応しました。

米連邦破産法11条とは、再建型の企業倒産処理を規定した法律である。
日本の民事再生法に類似し、旧経営陣が引き続き経営しながら負債の削減など企業再建を行うことができる法律です。

つまり、米ゴールドジムは破産手続きを行ったが、負債の返済のために経営を引き続き行うため、フィットネスジムの運用は続きます。

また、米ゴールドジムは倒産しましたが、日本のゴールドジムとGGIホールディングスは資本関係がないことからも米ゴールドジムの直営店ではないため、今回の影響は直接ありません。

あくまでも、日本のゴールドジムはフランチャイズ経営です。

財務健全化のため直営30店舗を閉鎖

米ゴールドジムは今後もデジタルやプログラム事業、世界に約700あるフランチャイズ店舗事業は引き続き継続し拡大していく方針で進みます。

コロナ後のフィットネスジムに求められること

これからの一年間の課題としては、やはり3密を避ける必要があります。

フィットネスジムの環境では、密集・密閉・密接の状態になる可能性が高いです。

そのことから、今回の教訓をもとに、ホームジムのためにダンベルを購入・宅トレグッズの充実などが現在進んでいます。

コロナ明けにお客さんが戻ってくるのかが怪しいです。
ダンベルなどの価格は24時間フィットネスジムの値段の約4倍ほどします。(私のイメージとしては可変式ダンベルの値段を考えています)

その費用対効果を考えると、やはりすぐにはフィットネスジムに戻る方は以前よりも少なくなる可能性があります。

また、今年1年間コロナウイルスが続くことから、フィットネスジムとしては汗・唾液が最大の問題となります。

やはり、汗・唾液を避けるために一人辺りの使用時間の管理をすることが大切です。
なのでベンチの使用時間は20分までなどしっかりとした管理体制をする必要があるかもしれません。

常識的に厳しいのは、フィットネストレーナーをしていただけに分かるのですが、3密を回避して工夫してトレーニングするためにはこのような変化を求めることも大切だと思います。

そのような変化の中で、よりパーソナルな価値を高められる機会になると思いますので、トレーナーの指導によってお客さんが継続できるフィットネスジムにしていきましょう。

まとめ

米ゴールドジムは破産手続きを行ったが、負債の返済のために経営を引き続き行うため、フィットネスジムの運用は続きます。

また、米ゴールドジムは倒産しましたが、日本のゴールドジムとGGIホールディングスは資本関係がないことからも米ゴールドジムの直営店ではないため、今回の影響は直接ありません。

これからのフィットネスジムとしては、3密を避けた上で、よりパーソナルなフィットネスジムを求められる時代になると思います。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です